肥満解消、レプチンの効果、レプチンダイエットなど。

スポンサードリンク

レプチンとは

レプチンという物質をご存知ですか?レプチンは、カンタンにいうと人の食欲を制御する働きをもち、体内にある脂肪の量を監視している物質なのです。つまり、痩せたいと思っている人や、ダイエットに関心を持つ人には、レプチンという物質のことを知っておくことはとても大切なのです。なぜなら、レプチンという物質は、お腹がいっぱいになったと感じさせてくれるため、うまくレプチンを摂取することで効果的に食欲を制御できるのですから。

レプチンの働き

レプチンは、体内の脂肪の量を監視しています。体内の脂肪が増えてきたらレプチンはその分泌を増やして「脂肪は十分に摂取された」という情報を脳に送ります。すると、レプチンの脂肪摂取情報を受けて、「食べるのを減らしなさい」「貯めた脂肪をエネルギーに変えなさい」と脳はカラダに命令を出します。そして、元の脂肪量に戻しているのです。

ダイエットを成功させるひとつのコツとして、レプチンの働きを理解し、レプチンの脂肪制御機能をうまく活用することは、カラダの脂肪分をコントロールする上で重要なのですね。

リバウンドとレプチン

せっかくダイエットしても、どうせリバウンドするんだから、、、リバウンドに悩みを持つ人も多いと思います。ダイエットをする上で避けて通れないリバウンドはどうして起こるのでしょうか。

ダイエット後に発生するリバウンドの原因として、第一に考えられるのが、「満腹感の変化」です。ダイエットをしていると、満腹感に変化が出てきます。食事量を制限してダイエットを実行する場合も多いですが、食事量が減ると、カラダの中の脂肪を制御する物質であるレプチンの分泌量が減ってくるのです。

その後、ダイエットを中断し、以前と同じぐらいの食事量に戻したとしても、レプチンの分泌量が以前と同じように戻るわけではないのです。実はダイエットを中断した後に、レプチンの分泌量が適正になるまでには、およそ1ヶ月もかかるのです。つまり、食事量は以前と同じなのに、レプチンの量は少ないままの状態となる約1ヶ月間は満腹感が得られず、ついつい食べ過ぎてしまうのです。

スポンサードリンク